あの素晴らしい声をもう一度

小さい子ってなんであんなに声が出るんでしょうか?

大声を出しても声が枯れない。

 

赤ちゃんも大声で泣いても枯れない。

 

でも、大人は大声を出し続けると枯れる人が多い。

成長する過程で何があるんでしょうか?

 

答えは簡単です。

小さいころは枯れない発声がもとから身についていて、

成長するにつれて忘れてしまっただけなんです。

 

だから、人間すべて枯れない発声の方法を知っているんです。

ただ、忘れてるだけ。

 

なら、それをまた思い出しましょうっていうのが僕の考えです。

小さい子が歌うときにどんな気持ちなんだろうって考えた時に

「とにかく歌うことを心から楽しんでいるし、歌いたいように歌っているよな~」

と思いました。

 

だから、僕が目指している歌というのはそういう歌です。

 

すると、不思議なことに歌に対して

小さいころのあのウキウキ、ワクワク感が溢れてきたんです。

 

そこから歌は僕にとって最高に楽しいものになりました。

楽しければどんなことも苦じゃないです。

 

僕みたいに、あなたももう一度

自分にとって「歌」はなんなのか?

見つめ直すのもいいかと思います。

 

もし僕に興味を持って下さったらこちらを見てください!

「練習嫌いな僕がカラオケ世界大会で優勝した理由・・・」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です