ご質問Q&A〜喉が痛くなりやすい〜

【質問】

お疲れ様です。
長時間歌っていると喉が痛くなったり声が枯れてきてしまいます。。
確実に首回りに力が入ってしまい喉声になっているのがわかります。。

改善方法を教えていただきたいです。
お願いします🙇🙇

 

 

 

【回答】

ご連絡ありがとうございます。

 

 

 

ご質問の内容ですが
基本的に歌を歌う事は喉にとっては負担なことです。

 

 

 

どれだけ正しい発声をしたとしても
長時間歌い続ければ喉が痛くなります。

ただ、それが1〜2時間くらいでなるようであれば
発声に少し問題があるかもしれません。

 

 

 

たとえば高い音になるにつれて
アゴが上に上がったりしていませんか?

 

 

その場合は横隔膜で呼吸をコントロール出来ていないので、声帯が無理に伸縮してコントロールしているので
喉が痛くなりやすいです。

 

 

 

まずは呼吸を下半身でコントロールしましょう。
高音になるにつれて
膝を曲げて下半身に意識をもっていったり、
アゴが上がらないように頭の後ろの方に音を飛ばすイメージで歌ったりしてみてください。

 

 

 

歌う上で大切なことは
下半身と背中の筋肉です。
そこを使って呼吸をコントロールできるようになれば
長時間歌っても声帯に最小限の負担に抑えることができますよ!

 

 

 

 

お役に立てれば幸いです。

海蔵亮太

 

 

ということで

歌う時は下半身ポイントですよー(^ ^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です