歌が上手くなる前に知っておくこと

今日はちょっと角度を変えて
歌の基本ワードの確認をしようかなと思います。

 

皆さん!
ボイストレーナーと
ボーカルコーチの違い分かりますか?

 

 

これ結構ごっちゃになっている方や
そもそも違いなんてあるの?みたいな方もいます。

 

 

2つの違いは
何を指導してくれるかの違いです。

 

 

受ける側としては
何を練習するかの違いですね。

 

 

まず、ボイストレーナーは
「発声」の先生です。

 

発声の大切な事は
あなたの喉が健康的で
かつ長い間歌うことが出来ることです。

 

 

それを指導してくださるのが
ボイストレーナーです。

 

 

そして、ジャンルによっても
発声の仕方は多少違うということも
覚えておかなければいけません。

 

 

高音が苦手なら上を伸ばすトレーニング
低音が苦手なら下を引き出すトレーニング
声量が無いなら、身体を響かせるトレーニング
などなど

 

 

よりよい発声を身につけることができます。

 

 

 

一方ボーカルコーチはいわば
「表現力」の先生です。

 

 

あなたの声の個性を最大限に引き出すための
トレーニングです。
あなたにしか出来ない表現力を身に付けるためのトレーニングです。

 

 

ブレスのとりかたのトレーニング
息の使い方のトレーニング
マイクの使い方のトレーニング
ステージングのトレーニング
などなど

 

 

聴いている人により自分を伝えるためのトレーニングと言えます。
なので喉に負担がかかる発声だとしても
表現するにあたって必要ならば
指導されることもあります。

 

 

 

これをこんがらがって
ボイストレーナーに表現力の指導をお願いしても
それは正しい発声の中でのトレーニングで終わると思います。

 

 

ですが日本は
ボイストレーナーとボーカルコーチの区別を
ハッキリしていないので、
ボイストレーナーがボーカルコーチ的な指導を
する事は良くあります。

 

 

でも考えてみてください。
ボイストレーナーとボーカルコーチの
やっている事ってほぼ真逆ではないですか?

 

 

だってボイストレーナーは正しい発声
ボーカルコーチは表現の為なら場合によっては
間違った発声でもやる。

 

 

戦わせたらいい戦いになりそうですね。笑

 

 

そして1番こんがらがるのは受ける側です。

 

 

ここで1つ僕の意見を言わせてもらうと、

 

「基本は正しい発声で歌いましょう。
ただし、場合によっては喉に負担がかかる発声をポイントポイントでしたほうがいい部分もあります。」

 

ちょっと危険な発声というのも
人の心を揺さぶる部分もあるのも確かなので。

 

どうでしょうか?
もしトレーニングを受ける時があれば
この事は頭の中に入れておいたほうが
いいと思いますよー(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です