歌のチカラ

こんばんは!
海藏です^_^

今日もお役に立つような
お話が出来ればなと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

甥っ子の歌で感動するワケ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

僕には大好きな甥っ子がいます。
SNSとかでも頻繁に登場する巨人です。笑

 

まだ小学生なのに
全然大人に物怖じしない性格で
気付いたら知らない人と仲良くなって
名前まで覚えて、覚えられてるようなヤツです。

 

漫画のルフィみたいです。笑
身内も他人も関係ないんでしょうね^_^

 

両親はヒヤヒヤするかもですが
なかなか出来ないことなので
内心ちょっと感心してます。

 

 

それを本人に言ったら調子に乗るので
絶対に言わないですが。笑

 

 

さて
話を戻して
そんな甥っ子は歌を歌うことがとっても大好きです!
環境が環境なので
嫌いにはなれないと思います。

 

 

両親の影響を受けて、
いろんな曲を歌ってるんですが
最近はもっぱらラップにハマってるみたいです。笑

 

 

ビックリなんですが、
もう4拍子以外のリズムも身体で取れるようになっていて
聴いていて気持ちいいです。笑

 

 

多分僕が4拍子あまり好きではないので
その崩したりするのを聴いてマネして
自分のものにしちゃってるんでしょうね。

 

 

それで歌なんですが
確かに小学生とは思えないテクニックを使って
歌ってて上手いです。

 

ただ、
僕は今までで甥っ子の歌で1番感動した曲があります。

 

 

それは幼稚園の時の学芸会の歌です。
ビリーブという曲でした。

 

「例えば君が傷ついて〜♪」

 

から始まる歌ですね!

 

 

歌はすごくシンプルだし
対して上手くもなかった。

 

今歌ってるラップの曲のほうが
高度なテクニックを使ってて素晴らしいんですが
あのビリーブに勝るものではありません。

 

 

なんでだろーって考えてたのですが
それはきっと「伝える」ことが出来てたからだと思います。

 

 

幼稚園の先生とかに
「お父さんやお母さんにこの歌をちゃんと歌ってあげましょうね!」
みたいな事を言われてたのかな、

 

下手でも一生懸命
伝えよう、届けよう
という気持ちが歌声に込められていて
それがきっと感動を与えたのだと思います。

 

 

叔父さんでこんなに感動したのですから、
親御さんたちはひとしおでしょうね。
いろんな思い出がフラッシュバックされて
大変な事も素晴らしい思い出に変わったと思います。

 

 

歌はそれだけ力があるものだと思いました。

 

 

結局、歌って
「人に伝える」ことが一番大事だと思うのです。
上手く歌いたいとか
採点で高得点とりたいとか
いろいろとあると思いますが、
一番はそこじゃないのではと思います。

 

 

言葉の力を信じて
それを音楽に乗せて
自分の気持ちを伝える

 

 

そうしたら自然と
ビブラートやフェイクが
自分の思いとは裏腹に出てくると感じています。

 

 

下手でも伝える気持ちがあれば
必ず伝わります。

 

甥っ子もまだ今の歌は
リズムが好きで歌ってるので
自己満足の世界ですが
もう少し成長して
言葉の意味を理解して
伝える気持ちが産まれた時に
今歌ってる曲を改めて聴いて見たいなと
思った叔父さんでした。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です