歌をコピーすること

「真似る」

これは歌において非常に大切なことです。

 

多くの人が真似ることに関して、

肯定的ですし、

書籍でも書かれています。

 

ですが、本当に良いことなのでしょうか?

なんでも良いからってやるのが嫌いなんです、僕。

 

結論から言います。

真似ることはいいことです。

ただ、ある条件が必要ですが・・・

 

真似ることはいいことです。

歌についての細やかな工夫がちりばめられています。

 

そして真似るためには、

その曲をよく聴かないといけません。

 

そして、よく聴くということは耳がよくなります。

それは聴力が上がるということではなくて、

音楽を聴き分ける能力が上がるということです。

 

しっかりと聴き分ける力がつくというこは、

しっかりと歌い分ける力がつくということです。

 

もちろん、聴き分けたものをすぐに歌い分けることは難しいかもしれませんが、

聴き分けなければ歌う分けることは絶対にできません。

そうして、いろいろなアーティストの音楽を聴き分ける訓練をするうちに、

物まねをしても、どうしても変えられない部分が出てきます。

そこが個性です。

また、物まねをして歌った後に、好きなように歌うと必ず似ているところと違うところがでます。

その違うところが個性です。

 

それがあなたにしか表現できないものなのです。

それを発見する意味でも、コピーというのは有効です。

 

そして、ある条件ですが、

きちんとした歌い方が身についていないのに

先に真似てしまうとノドに負担がかかる可能性が大いにあります。

 

そこが一番怖いので、

普通に歌っても、ノドが痛くなるようでは

真似ることはお勧めしません。

 

それよりもまずは正しい「歌い方」を

身に付ける必要があります。

それが一番大事なことです。

 

喉の味方になれるのは、あなたしかいません。

 

 

もし僕に興味を持って下さったらこちらを見てください!

「練習嫌いな僕がカラオケ世界大会で優勝した理由・・・」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です