まさに歌はコミュニケーション!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

言わんとすることを理解する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よくこんな質問を受けます。

「腹から声を出すにはどうすればいいですか?」

おそらく、誰かから聞いたのか
自分で調べてみたら出てきたキーワードなんでしょうね。
こーゆーイメージ論結構多いです。

 

 

もちろんイメージして歌うのはダメじゃないです。
僕だってイメージして歌ったり
イメージ論で教えたりしますから。

 

 

 

イメージ論が悪いんじゃなくて、
イメージ論をそのままイメージで歌うのが
ダメだと思うんです。

 

 

 

話は戻りますが
さっきの質問小学生とかに聞いてみて下さい。
正当な回答が来ると思います。

 

 

 

「腹から声なんか出ない」と。

 

 

 

でもよくこの言葉聞きますよね。
腹式呼吸と同じくらいの頻度で出るキーワードです。
受験なら頻出単語レベルです。

 

 

 

他にも

「おでこから声を出す」とか

「高い音は後ろに向けて出す」とか

 

「背中に空気を入れろ」とか

いろいろあります。

 

 

 

先ほども言いましたが
どれも文脈通りに捉えると大変なことになります。
それぞれが何を言わんとしているのかをしっかりと理解する、勉強することなしに
ただ闇雲にやるのは無謀です。

 

 

 

僕自身思うのですが、
誰かに歌を教えてもらう時には
まず、少しでもいいので
自分で発声について勉強した方がいいと思うのです。

 

 

 

 

少なくともイメージ論で言われた事の
真意くらい理解できるレベルなら
言うことなしです。

 

 

 

 

たとえ間違ったとしても
すぐに質問できるくらいの
知識は学んだ方が
レッスンもスムーズに進むし
より効率的に学びとることもできます。

 

 

 

相手もサクサク進むので
楽に教えることもできるでしょうし。

 

 

お互いwin-winの関係ですね。

 

 

 

もちろん凄い専門的な知識を身につけろとは言ってません。
むしろ僕もそこまで知識はございません。笑
逆に教えて欲しいくらいです。

 

 

 

 

 

で、

話は戻りますが
「腹から声を出せ」は
おそらく腹式呼吸=横隔膜を使った発声をしろという意味だと思います。

 

 

 

 

もう少し突っ込むと
横隔膜を使うことで適度な腹圧をかけることで
呼吸が安定すると同時に
上半身に無理な力がかからずに
楽に歌える=芯のある声になる
とかを伝えたいんだと思います。

 

 

 

 

また腹から声を出そうとすると
意識も下に持っていくので
喉周りをリラックスさせる効果もあったり、
背中の筋肉を上手く使えるなど
メリットもあります。

 

 

 

 

また
「頭から声を出す」や
「高い音は後ろに向けて出す」などは

喉周りに意識を持っていかない事や
響かせるポイントを変える事で声帯を上手くコントロールさせようとする意思があったりします。

 

 

 

 

昔からある理論で
アンザッツ
というのがあります。

 

 

 

 

音を立てるポイントをとても細かく分けて
歌うものなのですが
結論から言うとかなり個人差はあるので
一概に良いとは言えません。

 

 

 

(ただ、歌を論理的に解釈してる感じは
好きです。笑)

興味があれば調べてみて下さい。

 

 

 

 

さらに「背中に空気を入れろ」は
完全に呼吸法です。

 

 

 

クラシックなどを経験されてる方に
多い気がします。

 

 

 

腹から声を出す理論と似てますね。
詳しくはないですが
オペラなんかはベルカント唱法なんかあったりしてとっても奥が深いです^_^
横隔膜の使い方の違いとかあるみたいです。

 

 

マイクがないぶんしっかりと呼吸法は
身につけなければいけないのだと思います。

 

 

 

 

こんな感じで
イメージ論の言わんとすることをある程度理解した上でイメージして歌うと結構すんなり出来たりします。

 

 

 

もちろんイメージは合う合わないがありますので
やってみてなんか上手くいかないなと思ったら
違う方法でイメージして歌ったりしましょうね!

2 thoughts on “まさに歌はコミュニケーション!

    1. kaizoutatikara Post author

      返信遅れてすみません。
      フレッシュというアプリをダウンロードすれば見れるそうですよ!

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です