日本語って美しい!

ホントに多くの人が歌が好きなのを肌で感じました。

やっぱり日本人は歌が好きなんですよね。

カラオケ文化も日本からですもんね

 

 

また日本の良いところは

世界の音楽をどんどん受け入れているところです。

 

 

いろんなジャンルの音楽を聴ける環境は素晴らしいことです。

「私は○○系しか歌わない」とか

もったいないなーと思います。

 

 

別に歌えとかではないんです。

他ジャンルの音楽を聴くだけでもいいのに・・・

 

 

たとえば最近僕は歌謡曲を良く聴くようになりました。

今まではJPOP、アニソン、洋楽、KPOPとか

聴いていました。

 

 

ですが、もっと引き出しを増やしたいという思いから

今は歌謡曲ばっかり聴いています。

 

 

やっぱり、良いですね。

日本語の良さがバンバンと伝わってきます。

言葉では言い表せないような気持ちになるのが不思議でたまりません

 

 

いつか、自分もあんな風にうたいたいなーと

日々思いながら練習しています。

 

 

先ほども言いましたが、

日本語ってほんとに素敵なんですよ。

 

 

英語に比べると

グルーブもなかなか作れないので、

音楽的に雰囲気をサクッと作るには難しいですが

 

 

日本語にはなんと言っても

発音がきれいで、透明感のある雰囲気を作るには持っていこいです

 

 

実際、世界大会で歌ったときに

「美しい!子守唄みたい!」

なんて言われました。

(実際に子守唄を歌ったわけでもないですが、日本語の美しさを表現してくれたんだと思います)

 

 

ダイナミックさには負けるかもしれませんが美しさなら日本語勝てますよ。笑

 

 

まあ歌を勝ち負けで分けること自体おかしな話なんですけどね。

それぞれの好きな歌、歌声があって、

それを歌う人を好きになればいいだけの話で、

「あの人の歌は嫌い」とか

「あの人は下手」とか

言ったところでなにもならないんですよね。

 

 

逆にそんなことを言う人の歌を好きになってくれる人なんてどれくらいいるんでしょうか?

自分で自分の価値を下げているとしか僕は思えません

 

 

むしろ少しでもその人のいいところを見つけるようにした方が

自分の歌もより魅力的になると思いますよ。

あなたも魅力的な歌を歌えるように一緒にがんばりましょ!

 

 

もし僕に興味を持って下さったらこちらを見てください!

「練習嫌いな僕がカラオケ世界大会で優勝した理由・・・」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です