「上手くなってから、大会に挑戦するスタイル」はもうやめましょうね

こんばんは!海藏です(^O^)

 

最近花粉が収まってよかったと思ったら

次は黄砂・・・

 

まじで勘弁してほしいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「上手くなったら大会に参加する」は大間違い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最近いろんな人の相談を受けていると、

こんな考え方を持った人がいます。

 

 

「上手くなって、大会に挑戦したい」

 

それは違うと思うのです。

 

 

そんな考えを持っていると

なかなか成長出来ません。

 

そうではなくて

「大会に挑戦するから、上手くなる」んです。

 

大会に出ることで、今自分に足りない物が分かります。

大会に出ることで、自分の個性や武器が分かります。

大会に出ることで、失敗することの重要性に気が付きます。

大会に出ることで、自信を付けることができる。

 

 

この考え方を持っていると

圧倒的に成長できます。

 

挑戦するのは勇気がいることかもしれません。

でも安心してください。

みんなそんなもんです。

それを押し殺して、まるで余裕かのように

ふるまっているだけです。笑

 

 

大会に出るとどうしても結果を残したくもなると思います。

その姿勢はとても大切だと思います。

 

ですがそれと同時に

多くのことを学び取る場所であることも意識しておくといいです。

 

他の演奏者の演奏を聴いて

いいところは模倣すればいいし、

良くなかったところは自分はしないように気を付ければいいし、

 

いい歌に出会えれば

次の大会で歌ってみるのもいいですし。

 

 

きっと参加料以上の経験値を手に入れることができると思います。

 

上手くなってから、挑戦するのではなく

挑戦するから、上手くなると常に意識を持つようにしましょうね(^O^)

 

 

PS

先日、ゲストとして歌った時の動画が上がりました。

始めて歌う曲だったので緊張しましたが

とっても楽しく歌うことができました。

 

元アカペラーとしては

楽器をバックに歌う経験が少なくて

今回の経験はかなり大きかったです(^O^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です