歌は比べるもの?

こんばんは!

 

最近はまっているものがあります。

「守り人シリーズ」

って知っていますか?

 

NHKで「精霊の守り人」というタイトルで放送されていて、今日が最終回になります。

NHKで見てからハマり、

原作の書籍も読みました。

 

どちらもいいですね!

原作もオリジナルとあって細やかに表現されていますし、

テレビも映像にしかできない表現もあって、

どっちも好きです。

 

歌もこういうのありますよね。

オリジナルとカバーみたいな関係です。

 

結構カバーに批判的な人も多いですが、

僕はどちらも好きです。

オリジナルはもちろんカバーされるほどです素晴らしいものです。

カバーもオリジナルを尊重しながらシンガーの良さを出している感じが好きです。

カラオケももはやカバーしているようなものですもんね。笑

 

ただ、悲しいかな、人間というのは常に比べる生き物です。

何かと何か、他者と自分。

常に比較しながら生きています。

それが良いか悪いかは別として、

歌においても比べてしまいがちです。

 

でも一言だけ言わせてください。

あなたが比べているものは、あなたのものさしで比べているんです。

なので、あなたがいいなと思うことでも、

他の人が自分のものさしで比べた時に必ずしも一致するとは限りません。

逆も然りです。

 

つまり、あなたが自分の歌に自信がなくても、

それはあなたが自分のものさしで自分を評価しているにすぎないので、

他の人からしたら、いい評価かもしれないということです。

このサイトを立ち上げてからまだ1か月くらいしか経っていませんが、

質問の多くは自分に自信がないようなメッセージが多いです。

 

もちろん、常に謙虚でいてほしいですが、

ネガティブな状態ではよくなるものも良くなりません。

自信がないのは他と比べてしまっているからです。

歌は比べるのもではありません。

きっとあなたにしか表現できない歌があるはずです。

でもそこで満足するのはもったいないです。

 

あなたの歌をもっと磨いてピカピカにしてほしいなと思うのが僕の信念です。

せっかくの一度きりの人生、

楽しく、思い通りに歌えるようになりませんか?

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です