【第1講】「歌」の本音

 

こんばんは!今日から少しずつお話ししていきますね!
まずは“上手く歌いたい”理由を考えてみました

 

・カラオケなどで周りをあっと言わせたい。

 

・人前で楽しく歌いたい。

 

・異性にモテたい。

 

・好きな曲を自由に歌いたい。

 

・歌手になって、有名になりたい。

 

などでしょうかね。
あなただけでなく、みんな同じ悩みを抱えているんです。
でも、この講座を購読しているあなたはすでに一歩リードした状態です。

 

例えばあなたが上手く歌えるようになったとします。
友達や会社の仲間とカラオケにいったり、
なにかのイベントなどで歌声を披露する場があるとします。

そこで、あなたが1曲披露して、
周りがざわついたらどうしますか?

 

まだ一番しか歌っていないのに
「ウマっ!」とか
「やばいー」とか
声が聞こえてきたらどうですか?

 

始めは見向きもしなかった観客が
あなたの第一声で一気に静まり返って、
キラキラしたまなざしで見てきたらどうですか?

 

そして、歌の大会などにちょっと応募してみて
自分でも想像できなかった結果を残せたらどうですか?

 

口コミで歌番組などに呼ばれて、
そこで知名度が上がり、
あなたのファンができて、
最終的にCDを出せるようになったらどうですか?

 

もし自分がこんな状態になったらワクワクしてきませんか?

そして、これは実際に僕が経験したことです。

(当時はまさかこんなに経験できるとは思っていませんでした。)

 

始めるならポジティブな未来を想像することは大事です。
やる気が違います。あなたは間違った選択をしていません。
その気持ちが歌に対するモチベーションにつながります
まずは自分の中で、具体的なイメージを持ちましょう。

 

そして、このように上手く歌うことを
「自由に歌う」と僕は表現しています。

 

どういう事かと言いますと、
上手いというのは少し曖昧な表現です。
なので、自分の思い通りに歌を歌えれば、
あなたにしか表現出来ない最高の歌になります。
それを僕は「自由に歌う」と表現しています。

 

自由に歌えれば、上手くなります。

 

「歌」は一種の自己表現です。
表現を自由にすることはあなたをより素晴らしく、輝かせます。

 

実際僕自身、自由に歌うと感じる事があります。

 

まずは、
“歌う曲のジャンルが増える”
ということです。

 

増えることで、自分の引き出しが増え、
新しいアーティスト、表現方法に出会い、
さらに自分の引き出しが増えます。
最高の無限ループが待ち構えているのです。

また
“体調にあまり左右されない”
事です。

 

もちろん、
体調がすぐれない時は歌わないことが一番ですが、
そうはいかないのが世の常です。泣

 

ですが、
そんなときでも歌を聴かせることができるのです。
もし、あなたにとって大事なイベントの時だったらどうでしょうか?

 

“自分に自信がもてる”
これも大きな変化です。
周りの目が確実に変わります。
周りが変われば、自分も変わっていきます。
そして、それがいずれ「自信」となって、
より歌が魅力的になります。

 

どうでしょうか?
改めて、ワクワクしてきましたか?

 

あなたも、もっと可能性は広がります。
あなたなら当然そうなります。というか、なってもらいます。
そう思うと、僕までなんだか嬉しくなってきました。

 

とりあえず今日はここまでで。