《衝撃》ブレスで息を吸わないでください

今日もお疲れ様です。

花粉が大変な時期になりました。

毎日鼻水との戦いです。

以前にも話した、僕が愛用しているガーゼマスクの

シンプルバージョンが出たそうです!

詳しくはこちらをチェックです!

 

さて、今日はブレスについての話です。

ブレスとは「呼吸」のことなのですが、

歌にとって、呼吸というのは本当に大切な要素です。

歌う源でもありますし、また自由に歌うためには

絶対必要条件です。

 

そんなブレスですが、あなたはブレスする時

どのようにブレスしていますか?

てか普通ブレスは息を吸いますよね。

実はそこが僕にとっては問題なんです。

 

結論から言います。

「ブレスで息を吸わないでください」

 

!!!

えーーー!!!

って感じですよね。笑

 

言い方を変えると、

歌うときに息を吸おうと思わないでください。

という意味です。

 

当然ですが、人間生きているうちは自然と息を吸います。

それは無意識です。

歌うときも、わざわざ意識して吸う必要はないということです。

(オペラなどのようなクラシックの場合は別です)

 

ここで、すこし理科みたいな話をします。

地球には大気があります。

そして、気圧というものがあります。

この気圧、高いところから低いところに流れる性質があります。

それを利用しましょうというのが僕の考えです。

 

あなたの肺というのは健康であれば自由に伸縮しますよね。

そして、肺の周りの筋肉(横隔膜)などを動かすと、

肺が広がります。

その時肺の中の気圧は低くなります。

低くなれば、わざわざ意識しなくても肺の中に口から滝のように空気が流れます。

 

それで十分に歌うことができます。

しかも、意識して空気を吸おうとすると、

声帯が広がって、声帯に一度にたくさんの空気が触れて乾燥してしまい、

ノドにとってよくないです。

 

どうでしょうか?

はじめに僕が言った

「ブレス息を吸わないでください」

というのが少しは理解できたでしょうか。

 

ここから言えるのは、

JPOPにとっては呼吸というのはそこまで必要ないということです。

無理に吸うというよりは、

横隔膜などで、肺を広げてあげる感覚で十分です。

 

それよりは発声や体の使い方をしっかり学ぶ必要がありますね!

 

歌について必要な考えはコチラに書きましたので、

よろしければ登録お願いいたします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です