最速で上手くなりないなら教える側になるな

こんばんは!
今日も歌が好きになる方法をお話ししますね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最速で上手くなりたいなら教える側になるな

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近、色々な人に歌について教える事が
あるのですが、
それは歌についての考え方や
アドバイス程度のことが多いです。

本格的にピアノを弾いて
1から教えるという事は
していません。

 

 

それはなぜかと言うと
僕の知識自体がかなり一部に突出してるからです。

 

 

具体的に言うと
「JPOPのバラード、ミドル、アップ」
です。
メタルやクラシック、ラップなどは専門外です。

 

 

でもこれで良いんです。
「上手くなる」程度でしたら。

 

 

才能が無い僕にとっては
いかに効率的に好きな歌を歌えるように
なるかが最大の問題でしたので。

 

そのために必要な事だけを
学んだだけでしたので。

 

 

 

 

一方、教えるとなると
幅広い分野の知識が必要になります。

 

 

それを身につけるには
大変な時間と労力が必要になります。

 

 

 

 

例えばあなたが
教えることを生業としたいと
考えるのであれば
その時間と労力をかける価値は十分にあります。

 

 

 

かければかけるほど
あなたのトレーナーとしての
価値はどんどん上がるので。

 

 

 

 

ただ、
別に教えることよりも
自分が上手くなりたいのであれば
その時間と労力をもっと
ピンポイントでかけるべきです。

 

 

 

なんか
大学入試と似ているかもしれません。

 

 

例えば大学によりますが
国立を目指す時は
ほとんどが5教科必要になるかと思います。

しかも内容も基本〜応用まで。
基本部分はセンターで
応用は大学独自の試験とかで。

 

 

 

 

でも逆に私立とかだと
3教科とかで十分なところがあります。
慶応とか早稲田とかでも
それくらいだったよーな。

 

 

 

 

ただ、範囲はものすごく
コアな部分まであったりして
深くまで学ぶ必要があります。

 

 

 

 

 

歌も
教える側になるには国立スタンスで学び

自分が上手くなるには私立スタンスで学ぶ

自分がどうなりたいのかで
学ぶ範囲、深さは全く異なります。

 

 

 

そして僕は完全に私立スタンスです。
だから本格的に教えることが出来ないんです。
そんな無責任な事は出来ません。

だからこーゆーの良いですよとか
これ僕食べてますよとかアドバイス程度で
留めています。

 

 

 

ただ、歌の基本的な部分は国立も私立も関係ないのでそこはしっかりとお伝えしていますが。

 

 

 

 

小学生でも分かるような
説明をすることをモットーに頑張っとります。笑

 

 

 

あなたはどっち派ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です