オシャレは口元から♡

予防と一緒に親子コーデを

例えば、あなたはこんな経験はありませんか?

 マスクをすると、息苦しい・・・

 マスクを長時間つけると肌荒れしちゃう・・・

 朝起きるとノドが乾燥する・・・

 マスクを使うと病人に間違われる・・・

 自分の顔にフィットするマスクがない・・・

 子供がマスクを着けたがらない・・・

 

私が作り始めたきっかけ

はじめまして。oumamaといいます。

現在8歳になる息子を持つ一児のママです!

毎日、育児に家事、そしてたまに息抜き(笑)をしながら、楽しく過ごしています。

 

そんなわたしが、マスクを作り始めたきっかけは

「子供がつけたくなるようなマスクを作りたい」

という気持ちから始まりました。

 

実は、わたしの息子は病院に通うことが多く、マスクをしなければいけない場面が多々あります。

ですが、息子が

「マスクは苦しいし、顔がかゆくなるからイヤだ!」

と言ってなかなかつけてくれませんでした。

 

幸い手先が器用なので、

この際「自分で作ってしまおう!」となり

息子に喜んでもらえるマスクを作ってみました。

 

案の定、息子は大喜び!

毎日つけるほどお気に入りになりました。

 

そのマスクは息苦しくないし、肌にもやさしいので、

ママ友にもプレゼントして喜んでもらっています。

 

 

そこでふと思ったのです。

「私みたいに、同じ悩みを持つ方はいるかもしれない。」

「もっと子供が喜ぶマスクはないのか」と。

 

使い捨てマスクへの不満

使い捨てマスクの多くは不織布という繊維で作られたもので、

安いのですがいろいろと不満がありました。

 サイズのパターンが少ない・・・

 柄物が少なく、シンプルなものが多い・・・

 よく使う人にはコスパが悪い・・・

など・・・

語りだしたら、止まりません。笑

 

子供だけでなく、わたしも市販のマスクには不満がありました。

そこで、作ったのが「ガーゼマスク」なんです。

 

ガーゼマスクとは

ガーセマスクは昔からあるマスクで、

不織布に比べると、

・肌への負担が少ない

・すぐれた保湿力

などいい所はあります。

 

しかし、難点があり、

一度洗うとかなり縮んでしまって、

サイズが合わず隙間が増え、マスクの効果が十分に発揮できないことがあります。

 

そこで、わたしは今までのガーゼマスクと

不織布マスクの良いところをあわせたマスクを作ることに決めました。

 

oumamaのマスクはここが違う!

不織布はウイルスを通しにくいという利点があります。

そこで、ガーセを2重にすることによって不織布に勝るとも劣らない物をつくりました。

これでお子様にも安心してつけていただけます。

 

また、ガーゼの縮みを抑えるために、

外側の面は綿素材を、内側の面には2重にしたガーゼをあてることにより

縮みを大幅に抑え、隙間を最小限に抑えることができました。

これで、マスクの効果を維持できます。

 

ちなみに綿の特徴として、

洗えば洗うほど、繊維の網目が細かくなるのでマスクとしての効果はさらにあがります。

 

そして、ヨレにくい素材を使っているので、

洗濯したあとに手で伸ばすだけできれいになり、

わざわざアイロンをかける必要もないです。

 

また不織布に使われている、ずれ防止のノーズピース(鼻のところにある固い素材)を付けたので、

ずれることもありませんし、角も丸くしているので生地も破れにくくなっています。

 

そしてなにより、ハンドメイドなので、サイズも子供用のものから大人用まであります。

柄や色も多種多様です。

 

世界に一つだけのあなたのマスクを

市販のマスクで肌が荒れてしまったり、耳が痛くなってしまったり、のどがあまり保湿されないと感じているあなた。

自分に合った「世界に一つだけのマスク」を身に付けて、HAPPYな毎日を送りませんか?

 

もちろん、お子様にもオススメです。

オシャレは口元から♡

 

専用ページへ戻る

 

Copyright (C) 2017 oumama-beautymask All Rights Reserved.