高音ボイストレーニング

の内容を大公開!

~僕はこれで人生を変えました~

どうも(^O^)海蔵です。

今回は、多くの人に「実際トレーニングは何をやっているの?」という

質問が多かったのでその商品を紹介するとともに

どんな内容なのか分からないと思いましたので

まとめてみました!参考になれば幸いです。

では1つずつ話しますね!

 

 

(1)呼吸法のトレーニング
まずは何と言っても正しい呼吸を身に付けることが第一優先です。
このトレーニングをすればあの腹式呼吸が「自然と」できるようになります。
全然難しくありません!
「え、ほんとにこれでいいの?」
と思います。
さらに呼吸をすこし変えるだけで、腹式呼吸だけでなく高音を出すために必要な部分に
意識を高めることができます!

 

(2)声帯のストレッチ
声帯について詳しく学び、そして柔軟な声帯にするトレーニングです。
これがしっかりできるようになると、高音も楽に出せるようになります。
また、ノドもあまり痛めることはありません。
声帯を自由にするポイントは「舌」のトレーニングなんです!

 

(3)ブレスタン
声帯の粘膜を増やすことによって、声帯を守ります。
歌う前のウォーミングアップとして有効です!
僕は長時間歌うときなどにはしっかりやって、乾燥しにくい声帯にしています!

 

(4)PUSH式発声法
名前は気にしないでください。僕自身も初めて聞く言葉です。
でも、この発声法を身に付けることで、
圧倒的に大きく、そして響く声にすることができます。
声量がないと悩んでいる人にはお勧めで、
横隔膜をしっかりトレーニングするので、
自然と表現力も上がる一石二鳥の練習でした!

 

(5)ストレートボイス
つまり、安定のある声を出す方法です。
カラオケなどで採点をする時に安定性というのがありませんか?あれです。
ロングトーンなどで、音が安定しないと、せっかくの曲の雰囲気も台無しです。
①の呼吸をしっかり身に付けるとこのトレーニングの効果が上がります。
芯のある歌声になります!

 

(6)ソルフェージュ
半音ずつ音を上げていくことであなたの高音を引き出します。
実は僕自身このトレーニングを続けるうちにフェイクの技術も向上しました!
フェイクなんてそんなに難しいことじゃないとわかると思います。

 

(7)オクターブ
自分にとっての未知の高音を引き出すトレーニングです。
今までのトレーニングをしっかりとやれば必ずできます。
最近のPOPSは音の上下が激しいので、ビシッと出せるようになると
カッコイイですよ!

 

(8)響きのある声トレーニング
「倍音」を出すトレーニングです。
僕は非常にお世話になったところです。
一人で、いろんな音を同時に出すという技です。
倍音を出せれば、曲中で自分の見せ場を作ることができます。
歌声に響きを生み出せます。
またカラオケの採点機能の「裏加点」という部分が増えます。

 

(9)ダイナミックレンジ
これは声の出し方についてのトレーニングです。
3種類の声の出し方を身に付けることで、
自分に合った出し方を発見します。
またこちらも、カラオケ採点機能で
点数が上がりやすい声の出し方が身に付きます。

 

 

以上が高音トレーニングの内容です。

 

こんなに、ボリュームがあって、
すべてにテキスト+動画付きで
しかも、今回は僕のサポートテキストもありますので
これほど、効率的に学べることはないと思います。
そして、はるかに楽に身に付くと思います。

 

しかも、
この教材に自身にも特典があって、
最初に話した「ビブラート」と「滑舌」
についてのトレーニングもテキスト+動画付きで
ついています。
なので、初めに頂いた質問はこれでトレーニングできます。

 

さらに、
付属で高音についての詳しい解説が後半にたっぷりあります。
しかも、優しい言葉で書いてあるので、
読みやすく、実践しやすいです。

 

高音を出すための入口と出口とは?
てっとり早く高音を出すために・・・
 英語と日本語の発音の違い
 ボイトレで脱力してはいけない本当の理由
地声のような裏声を出す方法

 

 

など、ためになるコンテンツが盛りだくさんです。

おそらく、この教材をしっかり1か月やれば
目に見える変化を自分自身で感じると思います。

 

 

いかがでしょうか?

実際にこのレッスンは「スキマ時間」で十分に行うことができます。

1日1~2レッスンくらいのペースで行うのであれば

1日30分もあれば問題ないと思います。

 

自由に使える時間もお金も無い人には

一番ベストな選択なのではないかと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

商品ページはコチラからでも見れます

歌力を手に入れる!

 

 

Copyright (C) 2017 kaizoutatikara All Rights Reserved.