戦略的歌声とは

こんばんは!

突然ですが、

普段カラオケなどで歌うときには

自分の好きなように歌べきだと思います。

とにかく楽しければそれでいいのです。

 

ただ、大会やオーディションなどに挑戦する時には

徹底的に対策をする必要があります。

好きな曲を歌うだけでは

結果はついてくるか微妙です。

これを「戦略的歌声」と言っています。

 

ポイントとしてはまず大会の目的を知ること

どのような人を探しているのか

主催者側の意図を知る必要があります。

 

例えば僕の場合

カラオケ世界大会で考えてみると

まずこの大会は

「世界でも通用するようなシンガーを探している」

ということが、大会名からわかります。

なので、世界でも受けるような表現をする必要があります。

また日本大会の時には、

他の人との差別化を図るために

女性の曲をチョイスしました。

 

異性の曲をチョイスするといいことがあります。

それは、原曲と比べられないという点です

キーもそもそも違うので、曲の雰囲気も異なり、

自分らしさが引き立ちます。

審査員にとっては評価しやすいポイントです

ただ歌声と曲との雰囲気が違うと大きな減点になるというデメリットもあります。

 

そして、日本大会での決勝では

女性の曲を歌いながら、すこしソウルフルな表現もして

「僕は世界で通用しますよ!」

というアピールもしてみました。

 

世界大会については、

「練習嫌いな僕がカラオケ世界大会で優勝した理由・・・」

の特典としてお渡ししています。

 

それが良かったのかどうかはわかりませんが、

とにかく、ただ歌いたい曲よりも、

大会にあった曲を自分でしっかり見極めることも必要です。

 

 

 

もし僕に興味を持って下さったらこちらを見てください!

「練習嫌いな僕がカラオケ世界大会で優勝した理由・・・」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です