意外と知らない!?

歌に必要な三大要素とは

~歌が上手くなるためには●●と●●と●●が必要なんです~

はじめまして、海藏亮太です。

今日は、あなたに「歌」にとって絶対に必要な3つの要素を詳しくお話ししようと思います。

この3要素をしっかり押さえていないとこれから歌を歌う上で必ず弊害になりますので、

ここでしっかりと押さえておきましょう!

ではいきますね。

 

 

まずは「呼吸」です。

呼吸をコントロールできる人は歌が上手いです。

じつはこれが非常に難しいことで、なかなか大変です

ですが歌を極める上では必ず必要な事なので押さえておきましょう。

 

 

まず、音というのは肺に入った空気が喉の中のある部分にぶつかることで生まれます。

そして、その空気は多すぎても少なすぎてもきれいな音はでません。

必ず、ある音に対して適切な空気の量というのがあります。

それをコントロールしないときれいな音も出ないどころか、喉にもよくありません。

 

 

そしてこれは、トレーニングすることで誰でも身に付けることができます。

だって、呼吸は普段していますよね。その普段していることを少し意識するだけでいいので、

誰でも無理なく身に付けることができます。

 

 

そして、この呼吸の話をすると必ず出てくるのが、

「腹式呼吸」

という話がでてきます。

この腹式呼吸というのが非常に厄介な話で、

多くの人が、歌う歌うときは腹式呼吸でないといけない!と考える人が多くて、

そしてそれを当然のように世間が認識しています。

それが弊害となって変な呼吸をしている人もいます。

 

 

実は腹式呼吸でなくてもいいんです。

(※クラシックなどは別)

この話をすると、ほんとに驚く方が多いのですが、

僕自身も絶対に腹式呼吸で歌うわけでもありません。

曲によっては、あえて違う呼吸で歌ったりもします。

その違う呼吸とは「胸式呼吸」というものです。

二つの呼吸はその名の通りお腹で呼吸するか、

胸で呼吸するかの違いです。

 

 

ですが呼吸というのは肺がするのもなので、

どちらでも呼吸はできません。結果論です。

呼吸した時にお腹周りが膨らむか、

胸周りが膨らむかということです。

なので、どちらかが悪いわけではないですが、

腹式のほうがちょっといいことありますよ程度のことなので、

あまり気にしないでください。

それよりも、呼吸の吸う息(吸気)と吐く息(呼気)のほうが大事です

 

 

まず吸気ですが、これは肩が上がらない程度で十分です。

そして、呼気ですが、これは安定させる必要があります。

初めにも言ったように、安定させないきれいな音も出ないどころか、喉にもよくないです。

僕も初めはできなくて、すぐに喉が枯れていましたが、

トレーニングしてできるようになりました。

 

 

ポイントは「吸う筋肉で息を抑えながら、吐く筋肉で歌う」ことです。

 

 

そして次は「声帯」です。

先ほど、喉の中のある部分というのがこの声帯です。

声帯というのは、音によって伸びたり縮んだりします。

普段息をしているときにパカッと空いているんですが、

声を出すときには閉じます。

右の写真を見ていただけますとわかると思います。

 

 

そして、この声帯はジッパーみたいに閉じる長さを変え、適切な空気量が通ることで音を作っています。

また長さと同時に、厚さも変えています。

音が高くなるにつれて、長く、薄くなります。

なので、非常に傷つきやすくなっています。

 

 

そして、この声帯というのは感覚がないやっかいなもので、

コントロールすることが非常に難しく、

かつ癖がつきやすいんです。 

できない人は、一生懸命いっぱいの空気を声帯にあてて歌うので、

声帯に無理な負担がかかります。

その負担が結果として、しわがれ声になったり、

最悪まったく声が出なくなってしまうことがあります。

 

 

ですが、ここをしっかりトレーニングすると長時間歌えかつ、枯れることはほぼなくなります。

その時に呼吸も大きく影響しますので、同時にトレーニングすることが必要になってきます。

そしてそのような声帯にすることが上手くなるための条件でもあります。

 

 

最後に「共鳴」です。

適切な空気量で、適切な声帯で生まれた音というのは非常に小さい音です。

その音を何倍も大きくするのがこの共鳴という考えです。

共鳴は小さい音が大きな音になるメガホンのようなものだと思ってください。

 

 

では、いったいどこで大きくするかと言いますと、

喉から上の部分全部です。

とくにのどちんこあたりの部分は非常に重要です。

普段日本語を話しているときにはこの部分は下がっているんですが、

歌うときにここを広げると非常に音が大きく豊かになります。

 

 

また、舌の使い方も重要になってきます

さらに舌は言葉を作る重要な部分でもあります。

舌の形で言葉の伝わり方も変わります。
そして、喉を痛めないためにも気を使うべきところです。

 

 

オススメは歌う時に
舌は気にしない事です。
 気にすると、無駄に力が入るので
苦しそうな声になります。

 

 

ただ、1つだけ気にして欲しいことがあります。
それは
舌が後ろに下がらないようにする
事だけ意識してもらえると良いかなと思います。
舌が歯の裏に触れるか触れないかくらい
ダラーンとした感じで歌うと楽です。

 

 

実は僕は歌う時は
下顎はもはや無いものとしてます。
イメージすると気持ち悪いですが、
その感覚がリラックス出来ているので
あえてそうしてます。

 

 

歌う時に鏡で自分の舌を見るのもいい練習だと思います。

この共鳴もトレーニングで十分に魅力的な声になります。

 

 

どうでしょうか?

この3要素は歌にとって非常に重要なものです。

ですが、これらはあくまでも「手段」にすぎません。

僕がまずあなたにお伝えしたいことは歌が歌くなるための考え方そのものです。

この目的をしっかりと決めておかないといくら練習しても効率的に上手くなることはできません。

その考え方をしっかりとお伝えできればなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

Copyright (C) 2017 kaizoutatikara All Rights Reserved.